債務整理をしても返済できない場合はもう1回

債務整理は、重ねがけをすることが基本的に出来ませんが、別の方法に切り替えてもう1回行うことは可能となっています。任意整理をしても、なかなか返済が難しいと判断すれば、個人再生を活用して債務整理をすることは可能となっています。このようにダメだと思っているときは、もう1回弁護士の方に相談することによって、対応してもらえることもあります。

注意しなければならないのは、大きな方法から小さい方法に切り替えることは出来ない点です。個人再生をしてから任意整理のほうが良かったと思っても、クラスダウンするような方法を使うことは出来ないのです。債務整理は、大きなものに切り替えることは可能で、同じものを続けて行うことや、明らかに弱い方向に切り替えることは出来ませんので、いきなり大きなことに挑戦しないで、最初は簡単にできる方法を活用していったほうがいいこともあります。

困っているときは、債務整理を担当している弁護士の方に相談して、より大きな方法への切り替えも検討することになります。なお自己破産は最後の手段となりますので、いきなり自己破産を選ぶのではなく、別の方法を活用してからダメなら自己破産という選択が望ましい傾向です。



このページの先頭へ