弁護士に本来の借金額を知ってもらう

現在持っている借金は、もしかしたら本当の借金じゃないものも混ざっているかもしれません。ここで行うのが、弁護士に本来の額を知ってもらい、提示してもらうことです。自分が現在持っている借金を全て見せて、これから金利などの問題がないかを見てもらいます。もし過払い金が発生しているなら、これを返還してもらって借金を減らしたほうが、返済できる可能性を多くしてくれるのです。

借金の中には、どうしても返済しなくていい部分があります。金利の数字が大きすぎて、余計な利息が生まれている可能性もあるので、その状況は避けなければなりません。過払い金は、過去のカードローンやキャッシングで発生することがあり、現在もその返済をしている場合、今の環境に合わないこともあります。もし借金が多い時は、実際の額を計算してもらい、本来払う必要性のない部分は、過払い金として請求して返してもらったほうがいいのです。

弁護士の方に相談すれば、現在の借金と本来払う必要のある部分がわかるようになります。これだけでも提示しておけば、とりあえず失敗することはありませんが、額によってはあまり変わらないこともあります。今のカードローンはそう簡単に過払い金が出ない仕組みなので、そのまま処理されることもあります。


このページの先頭へ