見落としがちな保険の解約返戻金

破産申立をする際には財産について注意となりますが、財産には不動産や車、株、貯金の他、見落としがちですが保険の解約返戻金も含まれることに気を付けなくてはいけません。

通常、破産申立手続において保険の解約返戻金額(もし仮に解約をした場合に現時点で返戻される金額)が20万円以下であれば自由財産としてそのまま残しておくことができます。しかしながら、自分の契約している保険の解約返戻金がいくらになるのか把握している人はほとんどいないでしょう。このため、破産申立をする際には、事前に保険会社に解約返戻金額を問い合わせる必要があります。

事前に確認をしないと、毎月の保険料がたいした金額ではないから解約返戻金はないだろうと思い込んでいたところ、破産申立後に解約返戻金の調査がなされた結果、契約期間が長かったために20万円以上の解約返戻金があることが判明するというようなケースもあります。破産申立後に判明した場合には、当然保険契約を解約して換価された後に配当等に充てられることとなります。

しかしながら、事前に確認をしていれば、例えば解約返戻金が30万円ある場合、破産申立前に解約をしておけば、現金については99万円までは自由財産として認められますので、弁護士や司法書士に相談のうえ手元に置いておくことが可能となります。また、学資保険などどうしても解約をすることを避けたい事情のある保険については、事前に把握することが出来ていれば、申立の際に裁判所は破産管財人に事情を説明して自由財産として残しておくことができるよう、また残しておけなく場合に備える対応を取ることもできます。

もし破産申立をする際には、自分の契約している保険について解約返戻金を確認することを忘れないようにして下さい。



このページの先頭へ