多重債務に苦しみ、最終的には家族に助けてもらいました

私は30代男性の会社員です。ギャンブルにはまってしまい、多額の借金を背負うことになりました。いわゆる多重債務に陥って、最大で4社の消費者金融から400万円ぐらいの借金をしていました。月々の返済も大変で、最終的には10万円ぐらいの返済額になりました。その上、返済日を同日にはしていなかったので、毎週返済をするような感じで、最後の時には、毎日返済の催促の電話と督促状が家に届くという生活になり、ストレスで苦しい日々を送っていました。それでもどうにかして返済をしていたのですが、金利ばかり支払い、元金はほとんど減らない状況でした。自己破産も考えていましたが、土地を持っていましたので、それを失ってしまうと大変だと思い、それもできずどうしようと日々考えて生活をしていました。

ストレスで体調も崩してしまいましたので、最後は両親に話をして全額を返済することになりました。自分自身はもちろん、多額の借金を背負っていましたので貯金は全くなく、400万円という大金を両親に支払ってもらいました。申し訳ない気持ちと自分のお金に対するルーズさを考えると恥ずかしい気持ちになりましたが、借金が全額無くなったので、ストレスからは解放されました。

現在はギャンブルも辞めて、少しずつ両親に返済をしています。

関連記事

このページの先頭へ